むち打ち治療 むち打ち治療で支持を受ける理由 交通事故むち打ち治療 専門治療 交通事故Q&A 腰痛対策 身体の痛みQ&A スポーツ外傷 腰痛対策 テーピング スポーツQ&A 外反母趾矯正治療
Information
イメージ
住所:
〒271-0092
千葉県松戸市松戸1331-5

TEL:047-331-3773

営業時間:
月曜日~金曜日 8:00~20:00
土曜日 8:00~17:00
日曜日 8:00~14:00

定休日:水曜日、祝日、祭日
地域情報
QR

HOME > 院長のコラム > 階段を降りた時の「ガクッ」となる症状は・・・


階段を降りた時の「ガクッ」となる症状は・・・

■2018/10/11 階段を降りた時の「ガクッ」となる症状は・・・

年齢の若い時には出なかった症状で、階段などの下りで「ガクッ」と膝が抜けるような感覚を感じた方、いらっしゃると思います。

これは『膝崩れ』という現象で膝の内部の軟骨の減少や半月板の損傷、前十字靱帯の損傷などが疑われます。

スポーツ選手などは、運動中などの接触事故で発生したりしますが、一般の若い年齢層の人にはあまり出ません。

おおよそ40代以降の人からポツポツとみられるようになります。
これは、膝関節の軟骨部分のすり減りによる変形や過荷重や筋力低下などによる負担増により、年々徐々に徐々に進行します。

徐々に進行した後、ある日普通に歩いていてガクッとなったり、階段を降下していてガクッとなったりする現象が出て来ます。

この現象が出て来ているということは、膝の内部はすり減ってきたと認識しましょう。

では、どうやったらガクッとなるのを防げるのか?
それは、筋力アップ運動を行うことです。

膝の不安定性は、太ももの前面の筋力が低下してきたことによることが大きく原因します。
身体全体を筋力アップする事が出来れば一番理想的ですが、なかなか時間も体力も気になる方が多いので、太ももの筋力アップだけを頑張るようにしましょう。

トレーニングの方法はとても簡単です。
イスに座って、太ももを上げずにすねの部分だけを上に上げて下ろします。
上げと下ろしての繰り返しの運動になります。
慣れてきて回数が出来るようになったら、20~30回をワンセットにして一日三回ほど足上げ筋トレしましょう。

最初からは回数を無理しないことが長続きさせるコツですから、始める時は5回くらいから始めましょう。

コツコツ行って行けば必ずガクッとなる回数が減り、最終的には膝の痛みなども緩和してくるので、ぜひ気長に続けて下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆整形外科・内科など当接骨院から連携・紹介をさせて頂きます☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
まつど中央接骨院
http://www.minagenki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TEL:047-331-3773
住所:千葉県松戸市松戸1331-5
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/MW8b
Twitter:http://p.tl/LZ2h
mixi:http://p.tl/kUu2
アメブロ:http://p.tl/JQHC
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

このページのトップへ