むち打ち治療 むち打ち治療で支持を受ける理由 交通事故むち打ち治療 専門治療 交通事故Q&A 腰痛対策 身体の痛みQ&A スポーツ外傷 腰痛対策 テーピング スポーツQ&A 外反母趾矯正治療
Information
イメージ
住所:
〒271-0092
千葉県松戸市松戸1331-5

TEL:047-331-3773

営業時間:
月曜日~金曜日 8:00~20:00
土曜日 8:00~17:00
日曜日 8:00~14:00

定休日:水曜日、祝日、祭日
地域情報
QR

HOME > 院長のコラム > 足が痙った時の対処


足が痙った時の対処

■2017/06/23 足が痙った時の対処
足が痙った時の対処
この時期に足が痙る人、多くなります。
足が痙る・・・ふくらはぎが痙ることだと思います。

そもそも足や脚、足の指やふくらはぎ、ふとももの裏などが痙るのはなぜ?なのか。

痙る部分は、筋肉の部分です。
この時期に良く出る原因としては、寝ている環境で「ついつい暑くて布団をはがして寝ている」、「足が出てしまって寝ている」など脚の部分が冷える環境にあると、朝方の冷えてくる時間帯に足が痙ります。

冷えてしまった筋肉が、寝返りなどで急な運動をすると筋肉への指令に過敏に反応して、急激に収縮します。
これがいわゆる『痙る』状態です。

この冷える以外にも、水分不足やミネラル分不足、疲労の蓄積など色々な原因が組み合わさって強く症状が出てしまうことがあります。

もし足が痙ってしまったら?
どうすると良いのか?治るのか?

一番簡単な方法は、ふくらはぎならばアキレス腱を伸ばすように痙攣している筋肉をゆっくりと伸ばしてあげることです。
足の指ならば爪のある方向へすねに向かってゆっくり伸ばします。
急に伸ばすと筋肉を痛めるので、ゆっくり時間をかけて行います。

そもそも痙らないように、水分とミネラル分の補給、軽い運動、ストレッチの習慣付けなど出来ることはあるので、痛い思いをすることがないように心がけましょう。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆整形外科・内科など当接骨院から連携・紹介をさせて頂きます☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
まつど中央接骨院
http://www.minagenki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TEL:047-331-3773
住所:千葉県松戸市松戸1331-5
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/MW8b
Twitter:http://p.tl/LZ2h
mixi:http://p.tl/kUu2
アメブロ:http://p.tl/JQHC
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

このページのトップへ