むち打ち治療 むち打ち治療で支持を受ける理由 交通事故むち打ち治療 専門治療 交通事故Q&A 腰痛対策 身体の痛みQ&A スポーツ外傷 腰痛対策 テーピング スポーツQ&A 外反母趾矯正治療
Information
イメージ
住所:
〒271-0092
千葉県松戸市松戸1331-5

TEL:047-331-3773

営業時間:
月曜日~金曜日 8:00~20:00
土曜日 8:00~17:00
日曜日 8:00~14:00

定休日:水曜日、祝日、祭日
地域情報
QR

HOME > 院長のコラム > テニス肘の治療方法


テニス肘の治療方法

■2017/06/13 テニス肘の治療方法
テニス肘の治療方法
テニスの練習や試合などで肘を痛めることが良くあります。
手のひらを上に向けて、親指側の肘が外側、小指側が内側となります。

外側を痛める場合が多いのですが、原因は疲労の蓄積による炎症です。
分かりやすく言うと腱鞘炎の様なものです。

テニスの場合、片腕に偏ってボールを打ち返す競技ですので、片腕の使用率が高く、疲労が集中します。

試合や練習が立て込んで休ませる時間もない時は、短い間でもストレッチをします。
出来るならばアイシングもしましょう。
マッサージなど出来れば故障がグンと減ります。

また、なかなか治らない場合は、グリップが合わない場合やガットの張りが強すぎて合ってない場合も考えられます。

すでに痛みが出ている場合は、しばらく練習は休んで炎症を抑えるように固定します。
緊張した筋肉をゆるめることも大事なので、電気療法や罨法、空気圧による圧縮療法などアプローチする方法を変えながら痛みを取るように施術します。

どうしても試合などに出なくてはならない時には、しっかりとしたテーピングなどで補強して負担が減るようにしていきます。
持っていれば、サポーターなどの固定補助具も有効です。

痛みをがまんしてプレイしていると、いずれは炎症がひどくなり、ラケットが持てなくなります。
そうなってからの回復は時間も労力もかかりすぎるので、早めに処置することが最善だと思います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆整形外科・内科など当接骨院から連携・紹介をさせて頂きます☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
まつど中央接骨院
http://www.minagenki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TEL:047-331-3773
住所:千葉県松戸市松戸1331-5
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/MW8b
Twitter:http://p.tl/LZ2h
mixi:http://p.tl/kUu2
アメブロ:http://p.tl/JQHC
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

このページのトップへ